stnpの混沌ブログ

適当。 すげー適当。 素晴らしいほどに適当。

私立恵比寿中学が8月26日に愛知県の愛・地球博記念公園(愛称:モリコロパーク)にて開催する野外ワンマンライブ『エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017』のテーマソングをTOTALFATが書き下ろしていることが明らかとなった。

【詳細】他の写真はこちら

テーマソングのタイトルは「HOT UP!!!」。エビ中は、この曲で初のメロディックハードコアチューンに挑戦している。

すでに、都内のレコーディングスタジオにて、「HOT UP!!!」の作詞・作曲を手がけたJose(TOTALFAT)によるディレクションでリハーサルを実施。

リハーサルを終えたメンバーは「ヤバい!めっちゃ楽しかった」と大興奮していたという。

エビ中は、この曲を含む配信シングル「FAMIEN’17 e.p.」を『ファミえん』当日の8月26日にリリース。

こちらには「HOT UP!!!」のほか、先日自身のレギュラーラジオ番組「立命館大学 presents リアル頑張ってる途中」(TOKYO FM)内で制作発表した、受験生応援ソング「YELL」、7月16日に東京・国際フォーラム ホールAで行ったワンマンツアー「私立恵比寿中学 IDOL march HALLTOUR 2017~今、君とここにいる~」最終公演で披露した「なないろ」「サドンデス」のライブバージョンが収録される。

リリース情報
2017.05.31 ON SALE
ALBUM『エビクラシー』

2016.08.26 ON SALE
DIGITAL SINGLE「FAMIEN’17 e.p.」

ライブ情報
エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017
08/26(土)愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)

エビ中 秋風と鈴虫と音楽のしらべ 題して「ちゅうおん」2017
09/23(土・祝)埼玉・秩父ミューズパーク 野外ステージ

私立恵比寿中学秋田分校
11/11(土)秋田・秋田県民会館大ホール

TOTALFAT OFFICIAL WEBSITE
http://totalfat.net/

「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん2017 in モリコロパーク」OFFICIAL WEBSITE
http://famien.com/

私立恵比寿中学 OFFICIAL WEBSITE
http://www.shiritsuebichu.jp/official/pc/

7月20日、セガの最新アーケードゲームが体験できる「SEGA PRIVATE SHOW 2017Summer」に参加してきました。今回展示されたのは、「AM2研がお贈りするアーケード史上最高の幻想大戦」と銘打たれた『SOUL REVERSE』。さっそく、会場の様子をお伝えしていきましょう。


◆重厚なファンタジー世界での大乱戦が楽しめる、『SOUL REVERSE』とは?


『SOUL REVERSE』は最大20人のプレイヤーが2チームに分かれて、敵陣地内にいる“神将”と呼ばれる巨大なNPCの討伐を目指すリアルタイムアクションゲームです。

プレイヤーが操作できるクラス(職業)はバランスの取れた「ウォーリアー」、攻撃と防御に優れた「ナイト」、強力な範囲攻撃を持つ「メイジ」、弓矢を用いた遠距離射撃が得意な「レンジャー」の4種類。今回の体験会では省略されていましたが、製品版では髪型や服装、体型などをカスタマイズして、自分だけのオリジナルキャラクターが作れるようになるそうです。


プレイヤーはゲージが溜まると、様々なソウル(英霊)の姿に変身できます。変身中はキャラクターの見た目が変化し、各種性能が大幅にパワーアップ。ソウルアーツという、ド派手な演出と共に発動できる必殺技を使えば、周囲の敵を一網打尽にすることもできます。

筆者が実際にプレイしてみたところ、相手陣地の“神将”に攻撃を仕掛ける際は、ソウルの力が必要不可欠だと感じました。“神将”はプレイヤーの何倍も大きく、動き自体は比較的緩慢ではあるものの、変身前の状態で攻撃を受けると一気に体力が奪われてしまうこともありました。チームの勝利に貢献するためには、ソウル発動のタイミングをしっかりと見極める必要があるでしょう。


また、本作の開発には同社の大ヒットタイトル『ボーダーブレイク』に関わったメンバーが数多く参加しており、「マップ内に点在する拠点を占拠すると、前線を押し上げることができる」「敵に倒されても、一定時間後に何度でも復活可能」など、『ボーダーブレイク』と共通する要素もいくつか存在しています。『ボーダーブレイク』を遊んだことがあるプレイヤーであれば、本作の基本ルールもスムーズに理解できるのではないでしょうか。

◆初めてプレイ可能になった「レンジャー」の操作感について


本日、初めてプレイ可能になった「レンジャー」。筆者もさっそく使ってみました。

レンジャーの基本アクションは、短剣による小回りの効いた斬撃と弓矢による射撃の2種類。斬撃は敵に近づかれた際の緊急用といった印象があり、あくまでも弓矢での攻撃がメインになってくるのかなと感じました。


弓を構えると画面にターゲットサイトが出現し、筐体の右手付近にあるトラックボールを使って狙いが付けられます。デフォルト設定のカメラ感度では相手の動きに追いつくことができなかったのですが、オプションから少し感度を上げてみると、しっかりと敵に矢が当たるようになりました。ヒットさせるためには多少の慣れと経験が必要になるものの、その分威力は高く設定されていて、狙い通り決まるとかなりの爽快感が得られます。

また弓を構えている間はキャラクターの足が止まってしまうため、その状態を敵に狙われるといとも簡単に斬り倒されてしまいます。フィールド内には周囲を見渡せる高台がいくつか存在しているので、そういった場所から敵を狙うのが良いでしょう。

本作は全体的に近接攻撃が主体のゲームであると明言されていますが、そのような環境下で今後レンジャーがどのような存在感を出していくのかという点にも注目したいところです。

◆妥協の無いアップデートを重ねて、鋭意製作中


今回体験した『SOUL REVERSE』は、これまでに行われたロケテストなどのフィードバックを受けて調整されたバージョンで、全体的なゲームテンポのアップや、より見やすいUIの構築など、様々な要素がブラシュアップされていました。また、「もっと戦場をスピーディに移動したい」という要望に答えて、「幻鳥コカトリス」というライドクリーチャーも追加が決定しています。

さらにSNSなどで知り合った仲間と、それぞれ違うゲームセンターから同じバトルにマッチングされる「戦友共闘」という機能も発表されました。これによりユーザー同士のコミュニケーションも大きく盛り上がりそうです。


日本人の日常的な食生活は、農業生産の変化とともに大きく変化してきました。戦後間もない食糧難の時代には、人々は不足していて高価な白米よりも、サツマイモや大麦、きびを多く食べました。少量の野菜や魚は副菜(おかず)とされました。 1950年代初頭には、米は日本人が好む食事の中心という従来の地位を回復しましたが、西洋の主要食物である肉やパン、乳製品が、間もなく日本人の食生活に大きく入ってきました。全国学校給食制度では、温かい料理と一緒に牛乳とパンが出されたため、若い世代の食べ物の好みの変化は学校給食によるものだと多くの人が考えています。 米の消費量が減少した一方で、現在の日本人は以前より多くの肉、パン、乳製品を消費しています。1970年代には、洋食レストランやファーストフードが都市に住む日本人の食習慣をさらに変化させました。朝食や夕食には米食、昼食には麺類という、より伝統的な食事から転じて、都市生活者のほとんどは朝食や昼食には洋食を食べるようになり、米は夕食でしか主食として食べなくなりました。、きびを多く食べました。少量の野菜や魚は副菜(おかず)とされました。 1950年代初頭には、米は日本人が好む食事の中心という従来の地位を回復しましたが、西洋の主要食物である肉やパン、乳製品が、間もなく日本人の食生活に大きく入ってきました。全国学校給食制度では、温かい料理と一緒に牛乳とパンが出されたため、若い世代の食べ物の好みの変化は学校給食によるものだと多くの人が考えています。 米の消費量が減少した一方で、現在の日本人は以前より多くの肉、パン、乳製品を消費しています。1970年代には、洋食レストランやファーストフードが都市に住む日本人の食習慣をさらに変化させました。朝食や夕食には米食、昼食には麺類という、より伝統的な食事から転じて、都市生活者のほとんどは朝食や昼食には洋食を食べるようになり、米は夕食でしか主食として食べなくなりました。、西洋の主要食物である肉やパン、乳製品が、間もなく日本人の食生活に大きく入ってきました。全国学校給食制度では、温かい料理と一緒に牛乳とパンが出されたため、若い世代の食べ物の好みの変化は学校給食によるものだと多くの人が考えています。 米の消費量が減少した一方で、現在の日本人は以前より多くの肉、パン、乳製品を消費しています。1970年代には、洋食レストランやファーストフードが都市に住む日本人の食習慣をさらに変化させました。朝食や夕食には米食、昼食には麺類という、より伝統的な食事から転じて、都市生活者のほとんどは朝食や昼食には洋食を食べるようになり、米は夕食でしか主食として食べなくなりました。

大小様々なゲームが数多く販売されているValveの配信プラットフォーム「Steam」ですが、海外開発者Tim Garbos氏が面白い統計情報を公開しました。彼が注目したのは“色”。ゲームのスクリーンショットの色がどのように変化してきたのかを示しています。

スクリーンショットの“平均彩度”の変化


スクリーンショットの“平均色”

スクリーンショットの“明暗比”の変化。2007年が最も暗い

また、色の他にも“タイトル”や“説明文”に注目した統計データも公開されています。

“タイトル文字数”の変化。2004年は平均25.7文字、2017年は平均16.6文字

  • 最適なタイトル文字数は6文字
  • タイトルに“The”を含むゲームの所有者は21.5%
  • タイトルが“大文字”のゲームの所有者は5.2%
  • タイトルに“game”を含むゲームの所有者は11%
  • “Minimalist”ジャンルの平均文字数は10.48文字
  • “Indie”ジャンルの平均文字数は16.29文字
  • “Point of click”ジャンルの平均文字数は24.73文字
  • “Hidden object”ジャンルの平均文字数は29.62文字
  • ちなみに最も長いタイトル文字数は94文字(『Tales of Monkey Island Complete Pack: Chapter 4 - The Trial and Execution of Guybrush Threepwood』)

説明文での“she/her/girl/woman”と“he/him/boy/man”の使用量の変化
    注意点
  • 殆どのゲームは説明文の中でどちらの単語も使っていない。
  • 使われ方については不明(主人公あるいは敵、助ける人など)
  • 単純な文字列検索で、何らかの結論につなぐには不十分

これらの統計のように様々な視点から見ることで、Steamおよび配信タイトルをより深く楽しむことができるのではないでしょうか。

 当社の連結子会社であります、株式会社アエリアゲームズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:長嶋貴之)は、株式会社角川ゲームス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:安田善巳)との共同事業第一弾となる、iOSおよびAndroid向け次世代育成シミュレーションゲーム『STARLY GIRLS -Episode Starsia-』(以下、『スターリーガールズ』)につきまして、ゲーム内に登場する「星娘(ほしむす)」紹介の第7弾として、新たなキャラクター「クー・シー」について映像を交えて情報公開したことをお知らせいたします。
アラド RMT

このページのトップヘ