stnpの混沌ブログ

適当。 すげー適当。 素晴らしいほどに適当。

これは2017年11月15日に、ロシア防衛省が当該の内容を含むツイートを行ったことが発端。該当のツイートは既に削除されているものの、米軍がISISを攻撃せず行動を共にしているように見える、問題の画像と共に「国防省は、米国が中東にて、戦闘能力を持ってアメリカの利益を促進するために、テロリスト集団“ISIS(イスラム国)”の部隊を支援しているという反駁できない証拠を示している」としていたようです。問題は、ツイートを見た一部のTwitterユーザーが指摘したことによって判明しました。

運命の抽選会は12月1日 同組に欧州勢は最大2カ国、他地域は同じ地域の国は入らず
 ロシア・ワールドカップ(W杯)の大陸間プレーオフ第2戦が現地時間15日に行われ、ペルーがニュージーランドを2戦合計2-0で破り、最後の本大会出場権を手にした。これで出場全32カ国が決定したことにより、12月1日にモスクワのクレムリン大宮殿で行われるグループリーグ組み合わせ抽選会でのポット分けも確定している。

【写真】日本のほかドイツ、スペイン、アルゼンチンなど強豪国も続々発表! “復刻版”が目立つアディダス社のW杯用新ユニフォーム

 FIFA(国際サッカー連盟)はすでに今回のグループリーグ組み合わせ抽選会を実施する際、8カ国ずつを4つのポットに分ける概要を発表。10月16日付けのFIFAランキングを基に、開催国ロシアを除いて上位から振り分けられていく。

 その結果、FIFAランク44位の日本は、開催国ロシアを除く31カ国で27番目となり、第4ポットに入ることが確定。抽選会では全32カ国を4チームずつ8グループに振り分けていくが、欧州勢は同組に最大2カ国までとなり、その他の地域は同組に同じ地域の国が入らないルールとなる。

 W杯歴代王者であるスペイン、イングランド、ウルグアイが第2ポットに回った今回の抽選会では、果たしてどのようなドラマが生まれるのか。FIFAランキングに基づく、組み合わせ抽選会のポット分けは以下の通り。

スパイク・チュンソフトは、PlayStation 4向けオープンワールド恐竜サバイバルアクション『ARK:Survival Evolved(アーク:サバイバル エボルブド)』にて、独自に、オンラインマルチプレイ用非公式PvEサーバーを設置したと発表しました。

10月26日の日本国内発売以来、想定以上のアクセスが発生し、開発元運営の公式サーバーでは「接続が困難」との報告が多数寄せられていた『ARK:Survival Evolved』ですが、この度、スパイク・チュンソフトが独自に、オンラインマルチプレイ用非公式PvEサーバーを10台設置したとのことです。

童話「赤ずきんちゃん」をベースにダークな復讐劇を描くアクションゲームとして、今年3月にリリースされた『Woolfe - The Red Hood Diaries』ですが、デベロッパーのGriN Gamestudioは公式ブログて、資金難による破産とスタジオの閉鎖を発表しました。

大きな注目とは裏腹に、メタスコアは55、Steamのユーザーレビューも賛否両論と、あまり振るわなかった本作。スタジオの創立者であるWim Wouters氏は、ここ数ヶ月の沈黙は非礼からではなく、恥ずかしさによるものだと説明。「これまでで最大の情熱を注いだ『Woolfe』で、皆を失望させてしまったことを受け入れるのは恐ろしい」と語っています。

デベロッパーThe Behemothの公式サイトでは価格情報も掲載されています。『Castle Crashers Remastered』の価格は14.99ドルに設定されていますが、Xbox 360版『Castle Crashers』の所有者かつXbox Live ゴールドメンバーシップのユーザーには、9月20日まで本作が無償で提供。21日以降は5ドルで購入できるそうです。

このページのトップヘ