スパイク・チュンソフトは、PlayStation 4向けオープンワールド恐竜サバイバルアクション『ARK:Survival Evolved(アーク:サバイバル エボルブド)』にて、独自に、オンラインマルチプレイ用非公式PvEサーバーを設置したと発表しました。

10月26日の日本国内発売以来、想定以上のアクセスが発生し、開発元運営の公式サーバーでは「接続が困難」との報告が多数寄せられていた『ARK:Survival Evolved』ですが、この度、スパイク・チュンソフトが独自に、オンラインマルチプレイ用非公式PvEサーバーを10台設置したとのことです。